第4回発達障がい教育講座のお知らせ | TOP | 第3回 発達障がい教育講座

スポンサーサイト 

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


第2回発達障がい教育講座レポート 

2012-01-15 ()
今回は昨年の12月23日に去川子ども村で行われました「第2回発達障がいの児童への教育指導養成講座プログラム」の講座、託児などの様子をレポートします。

IMG_9667.jpg

内容の方は、午前の部が、特定非営利活動法人ふぁむふぁーむ代表の臨床心理士渡邉ゆきこ先生の講座「発達障がいを抱える子の心の理解と対応」。
午後の部が石谷智子先生(日向市立細島小学校)、徳丸幸平先生(都城市立乙房小学校)、川越雅彦先生(美郷町立黒木小学校)御三人の先生方による「TOSS小学校教員の取り組み発表」でした。

上の写真は渡邊ゆき子先生の講座の様子です。
サブタイトルのとおり、障がいをネガティブにとらえるのではなく、子どもたちそれぞれの個性としてしっかりと理解していく事の重要性や子どもへの対応の仕方などを実例や参考となる資料なども紹介されながら熱くお話しされました。


IMG_9668.jpg

先生の貴重なお話しに資料を見たりメモをとったり。同じ問題意識を共有されている受講者さんたちの熱く真剣な眼差しが印象的でした。


IMG_9693.jpg

IMG_9670.jpg

こちらは2階教室の託児ルーム。当日は福祉学校の学生さんにもボランティアで参加してもらいました。子どもたちをうまくリードしていっしょに楽しい時間を共有。スタッフ一同ほんと助かりました。感謝です!


IMG_9727.jpg

IMG_9697.jpg

みんなそれぞれ自由に。気に入ったオモチャを気に入った場所で好きなだけ。


IMG_9719.jpg

朝早くからお出でいただいた川越先生も自ら託児参戦(失礼)参加!。
優しいお父さんといった感じで子どもたちもすごく和んでました。さすがです。


IMG_9709.jpg

こちら家庭科室では地元婦人部の皆さんがお昼の交流会の準備。
おいしそうな料理が次々とできてきます。


IMG_9702.jpg

ご飯もこだわりの釜炊きです。おいしくないわけがない!


IMG_9711.jpg

絶品デザートも準備OK。そろそろお昼でしょうか。


IMG_9735.jpg

で、お昼の交流会です。皆さんお腹ぺこぺこでバイキング大盛況。取り皿に装おう姿も真剣です。


IMG_9733.jpg

いくら熱い思いを持ったお母さんお父さん達でも冬の教室は暖房入れているとは言え、じっと椅子に座りっぱなしだと体が冷えてしまいます。地元の食材をふんだんに使ったできたてのヘルシーバイキングで心も体も暖まって楽しい交流会になったのではないでしょうか。
因みにアンケートで教室をもう少し暖かくしてほしいとのご要望をいただきました。暖房の設定温度もかなり高めだったのですが天井が高いせいか室温がなかなか上がらなかったようです。すいませんでした。次回はより講座に集中していただけるように万全を期したいと思います。


IMG_9701.jpg

料理を作っていただいた地元婦人部のみなさん。おいしい料理有り難うございました!


IMG_9797.jpg

体も心も温まったところで午後の部です。
受講された方へのアンケートでは、現場の先生のいろんな実践の話しやアドバイスなどが聞けてすごく勉強になったというご意見を多くいただきました。有り難うございます。


IMG_9799.jpg

午後の部最後の川越雅彦先生(美郷町立黒木小学校)の講座の様子。
実際現場でいろいろな実践をされている先生方のお話しは、お母さんお父さんたちの深刻さやこだわりをニコニコ、ワクワクに変える力強いメッセージやヒントになったのではないでしょうか。
この川越先生のすばらしい笑顔を見るとこちらもニコニコ、ワクワクしてきますね。


CA3A0263.jpg

CA3A0261.jpg

そのころ高学年のおにいちゃんたちは畑を荒らしに来たサルの群れを追って裏山近くの田んぼに。返り討ちにしてやると息巻きながら喜々として投石していました。さすがのサル達も多勢に無勢の我々の奇声と勢いに押されて裏山深く退散していきました。まあ、あまり褒められた託児ではありませんが、特にこのぐらいの年の男の子にとっては、彼らが当たり前に持っている攻撃性を楽しく解放しながらいっしょに遊んであげる事も必要なのではないでしょうか(と正当化)。もちろん安全を確保しての事ですが。おにいちゃんたちにはこのサル退治がこの日一番楽しそうでした。(因にわたくしも。)


CA3A0265.jpg

CA3A0267.jpg

サル退治の後は、おさんぽ組のちいさい子どもたちと合流して「去川の大イチョウ」を見に。間近で見る樹齢800年のイチョウの樹にはさすがにみんな感動しておおいに盛り上がりました。散歩の最後は宮崎市指定有形文化財にもなっている旧二見家の住宅をプチ見学して小学校(去川子ども村)に帰還。

というわけでなんとか無事に講座及び託児を終える事ができました。受講された皆さん、先生方そしてご協力いただいたボランティアの皆さん、地元の婦人部の皆さんにあらためてお礼申し上げます。

講座に関しては、アンケートの中で「午前も午後も実践的な内容で大変参考になり両方とも1日講座していただきたいくらいでした。」といったご意見もいただき主催側としては、ほっと胸をなで下ろしてるところです。それと同時に受講される皆さんの熱いご要望やご期待にさらにこまかく、深く応えられるようなプログラムづくりの必要性も感じております。
いただいたアンケートのご意見などを参考に、さらに講座の充実を目指していきますので今後ともこの講座宜しくお願い申し上げます。

次回の第3回講座は1月21日(土)に、第4回も2月19日(日)に開催されます。
こちらも是非御参加ください!

                                  (文責 小田瀧)

押せばしあわせ

スポンサーサイト
03:05 講座、イベントレポート | (0) | (0) | 


第4回発達障がい教育講座のお知らせ | TOP | 第3回 発達障がい教育講座

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

第4回発達障がい教育講座のお知らせ | TOP | 第3回 発達障がい教育講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。